まず、ご自分のタイプ(十干)を探してくださいませ。

下段のピンク色の文字の隣に生年月日を入力され、「計算」ボタンをクリックされますと、入力された生年月日の誕生日の十干を調べられます。

※年は、和暦、西暦どちらか一方をご選択下さいませ。
※月も、ご選択、日にちに関しては、ご自身で数字を入力なさって下さいませ。

※生まれた時間が真夜中の場合は、出生地と生まれ月の時差をきちんと計算しなくてはなりませんが、計算がご面倒な場合は、前後の日にちの2種のタイプをご一読され、ご検討くださいませ。

※他に、年回りによっても、稀に10タイプの範囲内で、他のタイプに変化してしまう方があります。生まれた時間、出生地が分かれば、詳細分析によりクリアできますが、誕生日だけで判断する場合は、残念ながら、10のタイプのコメントの中から、今のご自分のタイプを見つけていただくしかありません。



次に、下記の記述をお読みの上、お進みくださいませ。

今月のあなた

「陰陽五行と人間行動学」のこのページでは、
一年の中で、月の運行がいかに大切なものか…、
また、いかに月の運行に私たちが乗せられているか…といったことを知って戴くために、
タイプ別の月毎のありようを記述して参ります。

この記述は、5万件の統計が元になっていますが、
当月の事象、行動、心のありようなど、お読みいただく方々の安心となり、 傾向と対策になるように…、心を込めて書き続けたいと思っております。

ご自分のタイプのみならず、周りにいらっしゃる方のタイプも冷静ご覧いただきたく存じます。

よりよい人間関係のために、お仕事のために、恋のために…等々、出来れば、人に優しくされるため、自分磨きのためにご活用戴けたら幸いです。

人生天気図のような、「今月の予報」を一年間継続でご覧いただくと、
人の身に降りかかる見えない何か…が、いかに平等なものであるか…、ということにお気づき戴けることでしょう。

また、無為の意味、無為がもたらす結果も…。

★★最後に、
★もし、記述に納得がいかれぬ場合は、前述のように、

①本来のタイプに変化が生じている(年回りによって変化される方があります)、
もしくは、
②生まれた時間が真夜中前後のために、真正生時の計算にズレが生じ、 お誕生日前後の日の生まれとなっている、

以上、ふたつが考えられます。

①②の場合は、お手数ですが、10タイプすべての記述をご覧下さいませ。
必ずどこかに、ご自分にフィットされる箇所がある筈です。




このページのTOPへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。